キャッシング 増額

本当に必要?キャッシングの増額

キャッシングを利用していてもっとお金を借りれないか、と増額について検討する人もいるかと思いますが、ここでいったん考えてみましょう。ほんとうにキャッシング枠の増額は今必要でしょうか?

 

確かに、増額に成功すれば、今よりも借りれる額が増えますからいろいろなことに使える機会が増えますよね。例えば海外旅行の資金にしても、現在の利用限度額が20万円なのだとしたら、できれば30万円はあったほうが安心だな、とか、ブランドものなんかを購入するから一時的にでもやっぱりもうちょっとお金を借りたいんだよな、なんて考えると、増額できたらいろいろうまくいきますよね。でもその後はどうでしょうか?

 

利用限度額が増えたからといって、あなたの収入がいきなり増えるわけではありません。もちろん、増額は一時的なもので、それを過ぎたら減額してもらうとか、つぎのボーナスで払う目処がついているから大丈夫、なんてきっちり計画的なのでしたら問題ないと思います。しかし、こうやってかんたんに、ATMからお金がまるで自分の預金かのように利用できてしまうと、「借りているお金」という感覚がだんだん麻痺してくるのは間違いないのです。

 

増額できれば確かに便利ですが、増額しなくても我慢すればどうにかなるものだったら、我慢して、ほんとうにほしいものなら自力でお金を貯めてからではだめでしょうか。増額を考えているという方は今一度、ほんとうに増額が必要なのかどうかを考えてから申し込みをするようにしましょう。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円

他社借入もあるなら、キャッシング増額よりも一本化

キャッシングの増額に成功するポイントは、そのキャッシング会社と契約をして利用履歴と返済実績を積むことで信用を作ること、他社借入件数が増えてしまわないことなどがポイントになっています。しかしすでに他社借入が何社かあるという場合、増額審査に通らない可能性がでてきます。

 

もし何社か小額融資をしていて返済額に困っていたりする、それゆえの増額だというのでしたら、返済に充てる額をちまちまと増額するよりもより低い金利のカードローンなどに借り換えをして一本化することのほうがおすすめです。

 

複数あるキャッシング似よる借入を一つのより低金利なカードローンなどにまとめることで毎月の返済額が安くなる可能性が高いのです。そうなると返済に充てるために増額をしたりなどする必要もなくなるかもしれませんし、返済先が一つになることで支払日ごとに手間だったのもなくなりますし、なによりしっかりとした返済プランをもう一度立て直すことができます。

 

しかしおまとめローンや一本化をしたくても、今の借入状況で借りれるのか、という不安もあるかもしれません。確かにおまとめローンははじめからある程度まとまった額の融資になることが前提の商品ですから、それなりに審査が厳しい傾向にあります。しかし、増額審査も借入状況によっては審査が厳しい訳ですから、それを考えれば一本化をしてしまうほうが、のちのちのことを考えるとメリットがあるのではないでしょうか。

キャッシングの増額をするにはどうすればできる?

キャッシングとは、今の世の中誰でも持っていると言っても過言ではないほど普及しているクレジットカードの中に含まれるサービスの一つです。クレジットカードで買い物や公共料金の支払いに使われている方は多いと思います。

 

キャッシングは手元に現金が無く今すぐ現金が欲しい方の為にATMなどで現金が引き出せるシステムです。各会社によって金利や返済方法、限度額が違ってきます。借りるにあったて一番心配なのが金利ですよね。

 

借りる金額によっては返済金額が大きく変わってきますので各会社の金利表を見比べるとどこがお得か良く分かります。金利はクレジットカードで利用した時と違い少し高めの金利が付くことが多いようです。

 

こういった便利なキャッシングサービスも使いたいだけ現金が引き出せるわけではないようです。前にも記載しましたが限度額というものがあります。こちらも会社によって限度額が異なりますがだいたい最高500万円前後まで貸してもらえるようです。カードを造ってすぐに500万円を貸し付けてくれるかというとそうではありません。クレジットカードには利用可能枠というものがありクレジットにしろキャッシングにしろローンにしろ利用可能枠内での限度額などが設定されています。

 

キャッシングなら初めは10万円ぐらいから貸し付けスタートとなります。半年〜一年ほど滞納もなく審査の結果が良ければ少しずつ限度額も上がっていくようです。どうしても増額を早くして欲しい方は電話で問い合わせて増額条件に適しているかの審査をクリアすれば増額される事もあるそうです。